万能調味料でつくる煮物料理

そんなときは夏から秋にかけて旬を迎えるおいしい甘辛たれで作るかぼちゃの煮物と一緒に酢の物を一品食べて夏の疲れをとばしましょう。煮物に人気の甘辛たれは通販で買うと良いです。

お酢で疲労回復のお手伝い

日々仕事をしていてしっかり休息をとっていても、なんとなく体がだるいと思うことがありませんか?それは疲労が残っている状態にあります。ちゃんと休んだつもりだけでは疲れはなかなか取れないもの。疲れをしっかり癒すためには十分な休息としっかりとした食事栄養が大切になります。疲労回復を促すために私はお酢を摂取することをおすすめします。お酢の扱いに慣れてない方が多くそのためレシピのレパートリーも少ないため、特に若い人は、使わないことが多くなってきてます。昔から疲労を回復させる調味料として使ってきたお酢を、いまの私たちももっと有用に使っていきたいですね。

そのお酢は、そのまま使うとつんとした香りがあるので合わせ酢として使うと食べやすいです。そして慢性的な疲労には、胡麻も使います。胡麻は抗酸化物質として、とても人気があります。そしてその胡麻をすりおろしたものとお酢でドレッシングを作って、毎日食べるといいのです。

緑黄色野菜とお酢

その食べるものとしては、やっぱりカロテンを緑黄色野菜がおすすめです。黄色、緑、赤等の野菜は疲れを取ることができます。パプリカやトマト、カイワレ、ブロッコリーでサラダにしましょう。それは、彩もいいので食欲をそそります。お酢は、胡麻と相性がとてもいいです。胡麻和えなどもとても美味しいですね。かぼちゃは甘辛のたれで食べやすいかぼちゃの煮物にするのがオススメです。

慢性疲労は、なかなか取ることができません。毎日コツコツと、よい食材で食事をすることにより体を変えることができます。自分の体がいつも疲れていると思う時には、色の濃い野菜とお酢で元気を取り戻しましょう。

家から作るご飯に勝るものなし

そしてそれらは、外食ではなかなかむつかしいメニューです。サラダバイキングなどでは、存分に食べることができますがそれ以外では取ることがむつかしいのです。その時は、お弁当として持参するのもいいですね。また夕食は、まずお酢ドレッシングで緑黄色野菜を食べるという風にすると、体の早く改善させることができます。