お酢とレモンのクエン酸の力

メディアから分かるお酢の注目度

最近、健康志向な人が多くなっているのかメディアでも健康を題材にしたものを多く見かけます。特にお酢はよく見かけるようになったと思います。取り上げられるという事はそれだけ期待できる効果がたくさんあるということ。お酢にはどんな力があるのでしょうか。

お酢の特徴

お酢には二つの酸が含まれています。ひとつはお酢の主成分の酢酸、もうひとつはクエン酸です。これらを一度にたくさん摂れる飲みやすいお酢ドリンクがあるみたいです。通販のお酢は体に良くおいしいのが特徴的です。コレを機にお酢ドリンク生活をしてみませんか?

クエン酸といえば真っ先に思い浮かべるのはレモンなどの柑橘系の果物ではないでしょうか。お酢にはレモンにも含まれているクエン酸があるのです。クエン酸の効果というのは疲労回復が主になって来ます。体の中に溜まった疲労物質の乳酸の代謝を良くし、乳酸を排除します。スポーツの後にはちみつレモンを食べた方もいるのではないでしょうか?はちみつレモンは疲労回復のための食べ物だったのですね。またはちみつを合わせる事でエネルギー補給をすることから運動後の適切な食べ物として広まったようです。お酢にはレモンと同じくクエン酸が含まれていますので、お酢にも同じような効果が見込めそうです。

酢酸は食欲増進効果があり、夏バテのときにお酢料理ということを何度も聞いたことがあると思いますが、お酢にはそういった効果が大いに期待できるからというところのようです。
今年の夏はとても暑かったので、疲れがたまっている人も多いのではないでしょうかお酢やレモンで秋に向けて疲労回復しましょう。