一番だしを取るときのポイント

少し手をかけてでも美味しいものが食べたい、そんなときに一番だしを取ってみようと思うことがあるかもしれません。取り方を知らないと難しそうなイメージがありますが、実は手順としては至って簡単です。まず昆布とカツオで取る場合、昆布の表面を固く絞った布で軽く拭いて砂などを取っておきましょう。この時強くこするとうまみが逃げてしまうので、あくまで軽く払う程度にするのがポイントです。綺麗になった昆布をお鍋に入れ、30分から一時間漬け置きしたあと中火にかけます。そして沸騰する直前に昆布を取り出し、沸騰したら火を止めて鰹節を加えましょう。削り節を入れたら1~2分間置いておき、後はキッチンペーパーや布でこしたら完成です。ポイントはこす際に絞らないことですね。絞ってしまうとカツオのえぐみや渋みが出てしまい、色も濁って綺麗な透明ではなくなってしまいます。絞りたい気持ちをぐっと我慢して置いておきましょう。たったこれだけで一番だしができますから、料理の味を引き立たせるために活用してあげるのも良いかもしれませんね。