発酵食品を食べて風邪予防

人間、風邪を引くときは決まって疲れているときが多いのですが、そうでない人も風邪には掛かってしまいます。それはどうしてかというと腸内環境が整えられていないからです。腸内環境というのは免疫力と密接な関係があります。免疫力の低下により、体調を崩したり風邪を引いてしまう一因になっています。免疫力の向上は普段の食事で変えることができます。

腸内環境を改善することができるのがお酢などの発酵食品になります。発酵食品にはそれぞれの効果がありますが、多くは腸内環境を改善する効果があります。なので、発酵食品を食べることで風邪を引かない体を作ることができます。

体を温めるだけでなく発酵食品を体に取り込むという点においても鍋料理が風邪予防には最適だと思います。水炊きであればぽん酢を使って、キムチ鍋なら体もぽかぽか腸内環境もしっかり整えられます。寄せ鍋で味噌をつかったりするのも風邪予防になります。鍋料理を食べて風邪予防をしっかりとしましょう。