大根の残り野菜でできる一品

冬野菜の定番の大根は煮物料理をしたときにそれ以外にもう一品、二品の副菜を作ることができるのを皆さんはご存知でしょうか?それは大根の皮と葉で作る「きんぴら」です。きんぴらは短い時間で簡単に作ることができるレシピで、大根の皮や葉を余すことなく使うことができます。そして、大根の葉は緑黄色野菜でもあり、ビタミン、カルシウム、カリウムなどのミネラルを含んでいるのでそのまま捨ててしまうには非常に勿体無いものです。なので、皮と一緒に炒めてきんぴらにしてしまえば見た目も気にならない一品が出来上がります。また、葉の部分を細かく刻んで塩昆布など通販の醤油で揉み込んで浅漬けのようなごはんのお供にもなります。刻んだものをネギの代わりにお味噌汁の彩りに使うこともできて、多くの場面で活躍します。さっと湯がいた大根の葉をごはんと混ぜれば彩がキレイな混ぜごはんにもなります。ついつい捨ててしまいがちな食材から多くの料理を生み出すことができます。おいしい料理もいいですが、美味しくて無駄のない料理というのも試してみてはどうでしょうか?